日別アーカイブ: 2012/04/06

時代

2012年になってから初めてのブログとなってしまいました。 気づけば4ヶ月ほど書いてなくて、2006年からやっているこのブログもこんなに間があいたのは初めてっす。 環境が変わってなかなか書く内容もないのですが、先月、久々にG8とGGG行って来ました。 クリエイションギャラリー G8 http://rcc.recruit.co.jp/g8/ 「227 十中破竹」 ギンザ・グラフィック・ギャラリー GGG http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg/ 「ロトチェンコ 彗星のごとく、ロシア・アヴァンギャルドの寵児」 G8では、中国で活躍する若手クリエイターさんの作品。個人的にすごく刺激いただいた展示でした。 GGGは、ロシアの作家ロトチェンコの作品。 どちらもすごく個性的で、たまに展示会場で”本物”を見ないとな~ と再確認。 ここ最近、なかなかアウトプットできていないので時間とってガッツリやりたいっす。 最近のことでもう1つ。 環境が変わって、1日1日色んな発見をすることが多くなったのですが、1番大きく感じているのは「時代の流れ」 いつの時代にも、どんな業界にも、何事も常に流れているけど、大きく変化しているモノが多い気がします。 良いコトも悪いコトも含めて。 ブログを書けなかったのもなんとなくですがその1つで、 FacebookやTwitterといった手軽さがあるから日記形式のものが少なくなってきてたり 便利だからこそ使われているんですが、少し前の時代に当たり前だったものが廃れていったり。 なんとなく便利になったこの時代に流されてた感がありました・・。 mixiなどのSNS系日記はコミュニケーションありきのものですが ブログって、そういうもんじゃないなと。 地震から1年経って、色んなことを見つめなおす機会が増えましたが、 それ以上にすごいスピードで進んでいくこの時代に「う~ん」と考えることも増えました。 時代が変わっても、変わっちゃいけないものもあるんですよね。 子供が読む絵本(紙)だったり、手を汚して描くクレヨン画だったり、 いつでも簡単に連絡がとれるからと親に会いに帰らなくなったり、と。 絵画のように時代が流れて価値が見出されるものももちろんありますが 時代が流れてしまってからじゃ遅いような、当たり前に大事なコトをしっかり見ていきたいな、 ということでまたブログちょくちょくやってこうと思います。(おかげで文章力も無くなってきたし・・・苦笑) 【WORK更新】 アルバムジャケット制作させていただきました!   『ニッポンの唄~喜びのうた~』 岡平 健治 http://okahirakenji.com/ 【収録曲 全12曲】 … 続きを読む

 コメント