令和

5年ぶりのブログに驚愕…!
年号も変わってしまい、5年前とは想像もつかないほど環境が変わった。

時代の移り変わりというのは恐ろしいですね。
スマートフォンの普及もすごく、こうしてパソコンでカタカタとブログを打つという行為が日常生活から遠ざかってしまった。
とは言え、ノートパソコンがほとんどで、iMac君(2009年製11歳現役)に触れるのはLINEスタンプ制作と年賀状入稿する程度。
SNSもFacebookやTwitterは確認する程度でプライベートでInstagramくらいしかやっていない。

大好きな漫画もコミック本は売り払い(井上雄彦先生は残しつつ)、ほとんど電子書籍。
音楽もCDを買うことはなくなり、ダウンロードや月額制のストリーミング制。
TVで見る番組もテレビ番組よりNetflix。しかも好きな時に観れる。
ソフトウェアもパッケージではなく、サブスクリプション。
知りたいことがあれば、携帯ですぐなんでも情報が知れる時代だ。

確実に便利な世の中になっていると感じる。

新年の挨拶も年賀状ではなくLINEを送り合うような時代。
効率化という意味での便利さは良いと思うが、直接触れたり関わったりという大事な部分がなくなってしまうのはちょっと悲しい。
ただ、流石にそこは大事にしたいと思って書くのは日本人ゆえの考え方なんだろうなと。
実際に紙に触れたり、画像検索ではなく展示に行ったり、音源だけではなくライブを観たり、直接会って話をしたり、こういう部分から得られるインプットを無くさず大事にしたい。

この写真は、先日仕事で大学に行ってきた時の写真。
課題で徹夜明けした時に見たような景色で懐かしかった。


大学生の時に思い描いていた職業とはちょっと違うけど、
「人を楽しませる」ためのクリエイティブの仕事という軸は変わらず続けられているな、と思う。
そして、この軸だけは一生変えず変わらずやっていきたい。


10代から始めたこのブログだが、次に書くのはまた5年後かな、と思った時に….40代になってしまうのは少々危機感を感じるので、そこまで時間を開けずにまた。