Feeling

284628a6.jpg
何かを伝えることの難しさ
例えば「曲」なら、形としては無い”想い”を音楽や歌詞にできる。
まぁ音楽も歌詞も形としては無いけれど。
最近、普段聴いてる音楽がどれだけすごいかを考えるようになった。
なんとなくいいとか、ハヤってるから好きとか中途なものじゃなく、本当に好きだって言えるものは、やっぱりなにかしら自分に与えてくれるものがあって、それを作ってる人はどれだけ想いを込めているのか考えるようになった。ただ、聴いているなんてもったいない。
「絵」でも「詩」でもなんでもいい。完成させる事を目的とするのではなく、どれだけ想いをこめて表現するか。
「アーティスト」は「表現者」だ。
この世で1番想いを伝達させるのに適している手段は文章らしい。
自分は文章というものが苦手だ。だから絵を描いていると言ってきたけど、でもそうじゃないんだって思った。
絵が描きたいから描いてる。その表現手段が好きだから。
好きだから描く。のと、何かを伝えたいからその手段として描く。のでは違うと思う。
もちろん前者もあるからこその後者なのだけれども。
何も伝わらなければ、ただの自己満足でしかない。まぁ自己満足のその表現を好きと言ってくれる人がいれば、それにこしたことはないのだけれども。
自分がやっていきたい「デザイン」は伝えるもの。
だからただの自己満足の絵はデザインなんて呼べるものではなく、芸術の域。
けれど、意義をもって、意思をもって、自分の想いを込めて伝えてゆきたい。
好きなことに対して深くありたい。