Japan Walker.

「走り回る忙しさ」という意味の”師走”の言葉のごとく、12月は本当一瞬で過ぎ去り、気づけば年末でした。

まぁ ほとんど机に張り付いてるんで、走り回ったりはしないんですが・・・。

僕の従兄弟(イトコ)のユースケ君が、この度本を出版しました。

「信じた道がいつか本当の道になるように ~ガチで徒歩日本一周721日の旅~」
 大場 祐輔 著
 出版社: 彩雲出版
 1,365 円 (四六版 並製 230頁)
 ※紀伊国屋Amazonでも購入可

何かを始めようとするとき、どんな結果が待っているかは、誰にも分からない。成功すると思ったら、誰だってやるだろうし、失敗すると思ったら、誰だってやらない。確信できないから不安になる。でも、そこで、自分の道を信じて挑戦する勇気が必要だと思う。
たとえ、根拠なんかなくても、自信がなくても、挑戦する勇気さえあれば、きっと道は開ける。偉業を成し遂げたすべての人たちは、皆そうだったに違いない。俺は、そう信じている。(まえがきより)

大仁田厚さん推薦です。

2003年から2005年まで、ガチで歩いた2年の軌跡が書かれています。

僕は以前、ホームページで拝見したんですが、どれだけ刺激をもらったことか。。

おととい、実際に本が届き、早速読破しました。

これは全般敵にですが、正直、文章だらけの本(小説など)はあまり好きじゃないんですが、一瞬でした。

2年前くらいに

「行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅」
石田 ゆうすけ (著)

という本を読んだんですが、こちらも一瞬でした。旅モノの本ってなんかいいです。

こちらの本も「ゆうすけ」さんでした・・笑

僕は文章という表現方法が苦手だし、本になるくらいの文章量を書いたこともないですが

2年間歩いて、それを1冊の本にするなんて、どれだけの”時”を削ったんだろうと思います。

苦痛のほうが多かったであろうその2年間を読むのがもったいないくらいでした。

僕が小1くらいの年齢でユースケ君の家に遊びに行ったとき、3つ上のユースケ君は

ファミリーコンピューター「マリオブラザーズ」で、ノコノコを使った無限1UPを軽快にやってのけました。

そのころから僕の刺激なのです。

・・・冗談はさておき、徒歩日本一周をし、本を出版したユースケ君 尊敬っす。

是非、興味があれば読んでみてください

そして、ユースケ君、出版本当におめでとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。